新型コロナ725人感染9人死亡 累計の死亡者数600人超える 大分

2023年01月22日 15:41更新

新型コロナウイルスについて大分県は22日、新たに725人の感染と9人の死亡を発表しました。

累計の死亡者数は600人を超え606人となりました。

22日に発表された新規感染者数は725人でした。

先週の日曜日より554人少なく、5日連続で前の週の同じ曜日を下回りました。

また3日連続で1000人を下回っています。

年代別では40代が最も多く108人、次いで30代が102人、10代が90人などとなっています。

クラスターは豊後高田市の医療機関で1件確認されています。

また22日は80歳以上の合わせて9人の死亡が発表されました。

1日に発表される死亡者数としては過去最多と並ぶ人数です。

県内の累計の死亡者数は600人を超え606人となりました。

最新のニュース